日記

楽しいはずの場所で悲しくなる。

近所のお散歩圏内には公園が3ヶ所あります。

そのうちの一つに芝生のある公園があり、
その緑の色がとても鮮やかで、気に入って遊んでいました。
公園自体は住宅地の一画にある普通の小さな公園。
この規模の公園で芝生が茂っているのは珍しい。

今日は僕とショーンでその公園に久しぶりに散歩に来て、
芝生の上で遊んでいた時にふと目をやると、
なにやら張り紙が。

 

それも1枚や2枚じゃない。

全ての木に張り紙が。。。
その数軽く10枚超えてます。。。

 

「犬は入れるな!」
みたいなきびしめの張り紙まで。
先月まではこんなの無かったのに。。。

 

公園の管理人のおじさんにたまに会うと、
ショーンに声をかけてくれます。

そんな優しいおじさんにこんなセリフ吐かせたくないですよ😢

 

この公園は去年の春頃から芝生が養生され始めました。

去年の2月にはまだ芝生が完成していませんでした。

 

同年4月頃はこんな感じ。

 

そして今はこんな感じ

ショーンも遊び疲れたらこの木陰で休憩します😆

 

春は桜が綺麗。

去年の夏には盆踊りがありました。

 

そんな思い入れのある公園。
お気に入りの芝生に入れなくなってとても悲しいです。

ほとんどの人がきっちりマナーを守ってらっしゃるのでほんの一部ですが、
マナーの悪い飼い主さんも残念ながら一定数います。

近所を散歩していても犬のフンをそのまま放置する人を目の前で目撃したこともありました。

呼び戻しできない大型犬をリードに繋がずに放している人も。しかも毎回!
公園の掲示板に「放さないように」と注意書きもあります。

ショーン
素人犬と素人飼い主はそんなことしちゃダメ

当たり前すぎる話ですが、
自分の家の庭ならフン放置しようがノーリードにしようがそれは自由ですよね。

でも公園は違いますよね、ドッグランでもない公園

「公」の「園」ですから。

 

放置されたフンをみんなが踏みつけて道路にビチャーってこびりつく

犬に飛びつかれた幼児が転んで頭を打って救急車で病院に運ばれる

ノーリードの犬がじゃれた勢いで子犬の頭に噛みつき殺してしまう

全て身近で目にした話。

 

被害者も加害者も人生が一瞬で変わってしまいました。

 

目を背けず、自分のことに置き換えて想像しながら下の記事を読んでみてください

 

 

本当に恐ろしいし、悲しいことですよね。

僕も日頃の行動を見直そうと思います。

 

ショーン
悲しい思いはもうしたくない

 

ショーン
いつまでも楽しく元気に散歩したいな


 

 

ショーンの飼い主

犬見知りのややデカポメ、ショーンのブログ。 お役立ち情報や便利アイテム、関西を中心としたおでかけスポットをご紹介しています。 普段はヤマハ音楽教室や個人のオンラインレッスン等でギターとウクレレの講師をしながら、ギタリストとして歌手やミュージシャンのライブやレコーディングのサポートなどの活動をしております。

-日記

© 2021 ややデカポメのショーン Powered by AFFINGER5